野崎宵の 飲食店とホテルの記録

飲食と宿泊 備忘録

三井ガーデンホテル上野

追記

部屋タイプおまかせプラン9,200円で、今回はモデレートツイン。バスも広くていいわあ。あとタイルの薄緑がGood。すごく。火曜宿泊。

追記終

 

東京都心に逗留するときは、レストランがたくさんあるから夕食つけたりしないし、温泉も限られるし、ま安くできればそれでいいかなってことでビジネスホテルに泊まる。

「大浴場」条件はときどきつける。疲れとれるから。

「値段の安い順」にチェックしてきた。

でもそれってちょっと損してたかも、と思わせるホテルだった。三井ガーデンホテル上野。

今回の値段は13,000円程度(モデレートシングル)。

今まで泊まったビジホでは破格の高額。

じゃなにが納得だったのかっていうと、朝食。

 

朝食だって、近所のコンビニやパン屋で買ってくりゃ……って思っていましたよ、ええ。でもね、やっぱり朝食は一日のエネルギー源。なんだろうこの感覚、わたしもお年を召してきたってことかしら。

ビュッフェに安物いろいろならべて、千円も2千円も金額つりあげようって魂胆だろ~、と思ってたらおおまちがい。

近所の豆腐屋の湯豆腐が、うまかった。

まあほんと、ちょっとした「差」なんだけどね。いままで逍遥してきたビジホのビュッフェと。あれらって本当に適当なところ多くって。写真で見るとファンタジーなんだけど、結局ベーコンとウインナーとへなへなしたスクランブルエッグ、みたいなことよくあるし。

今回はその点、ほんと正解だった。お豆腐やさんメニューは湯豆腐だけでなく、厚揚げやがんもやいろいろあった。他にも、パプリカも新鮮パリパリだったし、まああれだね、コンビニの保存料いっぱいの朝食を狭い部屋でぺぺっと済ませて出発するより、ちゃんとコストかけてちゃんとエネルギーを頂いた、っていう満足感。

 

三井ガーデンホテルさんは朝食に力いれてるらしいし。

朝ご飯いいね。別の店舗にも泊まってみたい。

 

そう思って「朝食バイキング」で検索かけると、高級ホテルが出てきちゃう。

そういうの求めてるわけじゃないんだけど。

13,000円は他にもいいこと連れてきた。

シングルだけど広めな感じ

レディースサービスかな?シフォン地のパジャマ

ヘアアイロン置いてある

ベッド頭側の壁が木(ここけっこう大事)

 

節約節約ってやってきたけど、かけるところにかける、ってできるのはなんだか大人になった気分。